ベートーヴェン:交響曲第2番

ベートーヴェン 交響曲第

Add: aqerido75 - Date: 2020-11-27 19:39:45 - Views: 2090 - Clicks: 2297

【小澤征爾85歳記念】【uhqcd】【グリーン・カラー・レーベルコート】【生産限定盤】 1993年の交響曲第7番にはじまり、1997年にはウィーンで第3番《英雄》を録音、1998年から年にかけてはサイトウ・キネン・フェスティバル松本でベートーヴェンに取り組んできた小澤征爾。. ベートーヴェン 交響曲第2番名盤試聴記 朝比奈 隆/大阪フィルハーモニー管弦楽団. ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調 op.

93 水戸室内管弦楽団 小澤征爾(指揮) 録音時期:年1月(第8番)、5月(第2番) 録音場所:水戸芸術館 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ). 36 ・交響曲第6番ヘ長調Op. ★★★★★ 一楽章、めりはりがあっ. . ベートーヴェンの、あまりにも有名な交響曲 第5番 ハ短調〝運命〟。今回は、第2楽章から最後まで聴きます。 ベートーヴェンの音楽は、ハイドン、モーツァルトの影響を大きく受け、その基盤の上に成り立っていますが、音楽の個性はかなり違っています。. ベートーヴェン:交響曲第2番「レオノーレ」序曲第2番、「プロメテウスの創造物」序曲 クレンペラー (オットー) (アーティスト, 指揮), ベートーヴェン (作曲), フィルハーモニア管弦楽団 (演奏). ベートーヴェン 『交響曲第2番』 断片的な着想は第1番作曲中の1800年に遡り、1801年から本格的な作曲が開始されている。 1802年3月には完成されたと考えられ、1803年4月5日、ウィーン近郊アン・デア・ウィーン劇場にて、ピアノ協奏曲第3番、オラトリオ.

ベートーヴェン: ・交響曲第2番ニ長調Op. ★★★★★ 一楽章、深く歌う序奏。強弱の幅も大きく、表現も厳しく引き締まっています。音に勢いがあって、凄いエネルギーを感じさせる演奏です。とても良く歌う演奏が続きます。 二楽章、静寂の中から豊かな歌が聞こえます。第二主題でも微妙にテンポが動いて歌います。強奏部分には湧き上がるような力があります。 三楽章、速めのテンポで活動的です。トリオは喜びに満ちている感じでした。 四楽章、この楽章も速いテンポで活気に溢れた演奏です。疾風のように駆け抜ける弦楽器。 豊かな歌と疾走する音楽が両立した演奏でした。非常に力強い音もあれば、速いパッセージを軽々と演奏したりとても多彩な演奏は素晴らしいものでした。 このリンクをクリックすると動画再生できます。. ベートーヴェン:交響曲第4番 Importが交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。. 交響曲第2番には数多くの録音が残されています。 演奏の聴き比べをして、お気に入りの演奏も見つけたいですね。 交響曲第2番の1枚目のCDを買うのであれば、間違いなくオススメできるCDです。 カラヤン指揮・ベルリン・フィルハーモニーのベートーヴェン交響曲全集が一度に手に入ります。 輸入盤で格安で購入できるだけでなく、音質も素晴らしいです。 カラヤンとベルリンフィルが脂に乗っている時期の作品です。 カラヤンの美学とベルリンフィルの名演が絡み合って、最高のハーモニーを奏でています。 カラヤンらしさが一番感じとれる時期かもしれません。 クラシック初心者の方は、このCDを買って損はないと思います。 ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日) オーストリアの指揮者 1955年から1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務める。 ウィーン国立歌劇場の総監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督も務めるなど、歴史上最も偉大な指揮者の一人である。 日本には11度も来日しており、日本人には小澤征爾が師事したことでも知られている。 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker) 世界を代表するオーケストラの一つで、日本において絶大な人気を誇る。 重厚なドイツ的サウンドを奏でながらも、バラエティに富んだプログラムを演奏し常に世界の最先端をリードしている。. ・ベートーヴェン:交響曲第2番ニ長調 op. 交響曲第1番には数多くの録音が残されています。 演奏の聴き比べをして、お気に入りの演奏も見つけたいですね。 交響曲第1番の1枚目のCDを買うのであれば、間違いなくオススメできるCDです。 カラヤン指揮・ベルリン・フィルハーモニーのベートーヴェン交響曲全集が一度に手に入ります。 輸入盤で格安で購入できるだけでなく、音質も素晴らしいです。 カラヤンとベルリンフィルが脂に乗っている時期の作品です。 カラヤンの美学とベルリンフィルの名演が絡み合って、最高のハーモニーを奏でています。 カラヤンらしさが一番感じとれる時期かもしれません。 クラシック初心者の方は、このCDを買って損はないと思います。 ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日) オーストリアの指揮者 1955年から1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務める。 ウィーン国立歌劇場の総監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督も務めるなど、歴史上最も偉大な指揮者の一人である。 日本には11度も来日しており、日本人には小澤征爾が師事したことでも知られている。 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker) 世界を代表するオーケストラの一つで、日本において絶大な人気を誇る。 重厚なドイツ的サウンドを奏でながらも、バラエティに富んだプログラムを演奏し常に世界の最先端をリードしている。. ベートーヴェン 交響曲第2番 - カラヤン/ベルリンフィル 1961/62 (01/12) ベートーヴェン 交響曲第2番 - ハイティンク/コンセルトヘボウ管弦楽団/05) ベートーヴェン 交響曲第2番 - C.

交響曲第2番の作曲が始まったのは、まだ交響曲第1番の作曲中の1800年のことでした。 第1楽章の序奏のスケッチなどが、まずは書かれたそうです。 そして1802年になってから、本格的に作曲が開始されました。 1802年には作品は完成し、1803年にアン・デア・ウィーン劇場にて初演されました。. See full list on tsvocalschool. 交響曲第5番「運命」と交響曲第6番「田園」で境地に達したベートーヴェンは、新たな試みを始めました。 そして完成した交響曲が7番です。 1811年から1812年にかけて作曲され、初演はウィーンにてベートーヴェン自身の指揮で行われました。. 67 『運命』 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 クラウディオ・アバド(指揮) 録音時期:1987年2月、10月 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール. ★★★★★ 一楽章、ゆったりと探るような序奏。一歩一歩確実に進みます。清涼感のある響きです。第一主題も落ち着いたテンポですが、強弱の幅は大きく、音楽もうねるように生き生きとしています。テンポも感情がこもって動きます。すごく勢いのある演奏でした。 二楽章、心のこもった歌がひしひしと伝わって来ます。クラリネットの第二主題もテンポが動いて自由に歌います。編成の小さいオケが一体になって動く様子はなかなか良いものです。 三楽章、動きがあって躍動感があります。活発にそして積極的に動くオケです。トリオはグッとテンポを落としてたっぷりと歌います。 四楽章、この楽章も濃厚な表現です。木管もくっきりと浮かび上がり色彩感もとても豊かです。音に力があって、勢いがあります。オケが一体になったエネルギーの放出は素晴らしいものがあります。 オケが一体になったスピード感やエネルギーの放出は素晴らしいものがありました。たっぷりと深く歌われる歌や活発に動く躍動感など、非常多くの魅力がある演奏でした。バレンボイムのベートーベンを聴いて初めて良い演奏だと感じました。 このリンクをクリックすると動画再生できます。. ベートーヴェン: ・交響曲第2番ニ長調 op. フルトヴェングラーのベートーヴェン交響曲は、 〈第2番〉と〈第8番〉がレコーディングされずに終わった ことから音楽ファンが待ち望んだものであったことはすでに書いた。その後、〈第8〉はストックホルム録音がくわえられたものの、〈第2番〉につい.

★★★★★ 私は、元々朝比奈のファンではなかったのです。今回のベートーベンの二種の全集を聴くまでは。 この全集も私の友人に熱烈な朝比奈のファンがいるので、貸してくれたのを聴いたのです。それがこんなにすばらしいとは・・・・・・・。 そもそも私がクラシック音楽を聴き始めたのは、中学校で吹奏楽部に入部してからなのですが、その当時FMで放送されるNHK交響楽団のライブなどは管楽器が上手いとはいえないような演奏が多かったので、それ以降、日本のオケのCDがあっても全く選択肢には入ってこなかったのです。 しかし、今回の二種の全集を聞いて、私の偏見は完璧に払拭されました。 一楽章、メリハリがあってダイナミックです。 二楽章、ゆったりとした音楽にどっぷり浸っています。 三楽章、 四楽章、かなり遅めのテンポです。充実した演奏でした。. 1814年 2月27日、交響曲第7番などとともに初演。 7番のほうに人気が集中したのに対しベートーヴェンは「聴衆がこの曲(8番)を理解できないのはこの曲があまりに優れているからだ」と語ったという。. 第1楽章:Adagio molto ニ長調 4分の3拍子 - Allegro con brio ニ長調 4分の4拍子 第2楽章:Larghetto イ長調 8分の3拍子 第3楽章:Scherzo Allegro ニ長調 4分の3拍子 第4楽章:Allegro molto ニ長調 2分の2拍子 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi, 1962年- ) 演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen). ★★★★★ 一楽章、ここでも、堂々したたたずまいが一貫している。. ベートーヴェン 交響曲第1番名盤試聴記 サー・ゲオルク・ショルティ/シカゴ交響楽団.

★★★★★ 一楽章、有機的で、表情がとても豊かな序奏。巨大な響きのトゥッティ。落ち着いたテンポの第一主題。強弱の変化に伴ってテンポも動きます。くっきりと浮かび上がる木管。とても良く歌います。強弱の変化の幅もとても広く表現力豊かな演奏です。 二楽章、この楽章も豊かな表現です。テンポも動かして歌う第二主題。ライヴならではの表現意欲の表れた演奏です。音楽が疾走したり止まったり変化に富んでいます。 三楽章、この楽章も非常に表情の豊かな演奏です。スタジオ録音はもっと無表情だったと思いますが、このライヴはとても表情が豊かです。やはりライヴのカラヤンは別人です。 四楽章、この楽章も豊かな表現で生き生きとしています。この頃が、カラヤンとベルリンpoの絶頂期だったんだと思います。ティンパニも含めたダイナミックな変化も素晴らしいです。 とても表情豊かで生き生きとした音楽でした。テンポも動いて自在な表現の演奏でした。やはりカラヤンのライヴは凄いです。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。. Beethoven Symphony No. 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi, 1962年- ) 演奏:ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ・カンマーフィルハーモニー・Die Deutsche Kammerphilharmonie Bremen). ベートーヴェンの交響曲のうち、第1番、 第2番 はベートーヴェンの「初期」の作品に含まれ、第1番も ハイドン 、 モーツァルト からの影響が強く見られるが、既にベートーヴェンの独自性が現れている 。. ★★★★★ 一楽章、カラフルでダイナミックな演奏です。華やかと言うか派手と言っても良いような演奏です。 表現も元気。この無邪気な元気さは意外と魅力的でした。 二楽章、このオケのパウカー(ティンパニ奏者)は音色に対して何も考えていないのだろうか。このモターッとした音離れの悪い音は何とかして欲しい。 くったくなく伸び伸びとした演奏で魅力はあります。 三楽章、この楽章も元気いっぱいの演奏で、はつらつとしています。まるで学生オケに学生指揮者で演奏しているような、楽しい演奏で、ベートーヴェンの内面云々とかは「なし」です。 四楽章、ファゴットもおどけたようにひょうきんな表情で、終始楽しい演奏を展開しました。 アッケラカンとした演奏で楽しかった。こんなのもアリですね!. ☆送料無料!清掃秘伝授!ベートーヴェン交響曲第4番、第5番 運命 ブルーノ・ワルター指揮 コロンビア交響楽団 名演!盤:きれい 検盤済み. 125『合唱つき』 10.

交響曲第7番には数多くの録音が残されています。 演奏の聴き比べをして、お気に入りの演奏も見つけたいですね。 交響曲第7番の1枚目のCDを買うのであれば、間違いなくオススメできるCDです。 カラヤン指揮・ベルリン・フィルハーモニーのベートーヴェン交響曲全集が一度に手に入ります。 輸入盤で格安で購入できるだけでなく、音質も素晴らしいです。 カラヤンとベルリンフィルが脂に乗っている時期の作品です。 カラヤンの美学とベルリンフィルの名演が絡み合って、最高のハーモニーを奏でています。 カラヤンらしさが一番感じとれる時期かもしれません。 クラシック初心者の方は、このCDを買って損はないと思います。 ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日) オーストリアの指揮者 1955年から1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務める。 ウィーン国立歌劇場の総監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督も務めるなど、歴史上最も偉大な指揮者の一人である。 日本には11度も来日しており、日本人には小澤征爾が師事したことでも知られている。 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker) 世界を代表するオーケストラの一つで、日本において絶大な人気を誇る。 重厚なドイツ的サウンドを奏でながらも、バラエティに富んだプログラムを演奏し常に世界の最先端をリードしている。. /07/20 (P)Octavia Records Inc. 36 ・交響曲第5番ハ短調 op. 第1楽章は序章もなくいきなり第1主題から演奏されます。交響曲ではこんな始まり方はこの『第8番』だけです。この事がこの『第8番』が小物の交響曲ともいわれる所以になっていると思います。同時期に書かれた『第7番』にはスケールの大きな序章が付いています。 この楽章はいきなり幸せの宣言で始まっているのです。フォルテで表現される音楽やスフォルツァンド(アクセントのついたフォルテ)が多用されています。古典的な交響曲とは一線を画しています。最後は出だしの勢いとは全く異なり、あっという間に終わってしまいます。.

ベートーヴェン: 交響曲第2番ニ長調 op. 交響曲第9番 ニ短調 Op. 表現の幅がいっそう広がり、ハイドンやモーツァルトのスタイルからの脱却を目指した意欲的な第2番。ベートーヴェンの初期の交響曲2曲を収録. ベートーヴェン 交響曲第2番名盤試聴記 朝比奈 隆/新日本フィルハーモニー管弦楽団. アクセントの良い木管の和音で始まります。ユーモラスな感じのメロディであり、木管と弦楽器が対話しているような感じです。当時はメトロノームをイメージして書いたといわれていましたが、今日ではそれが否定され、ハイドンの『時計』を意識したのではと言われています。 この楽章を通して続く木管楽器の和音は、規則的に動く時計のような機械を連想させ、可愛らしく楽しい雰囲気を醸し出しています。この楽章は短くて、あっという間に終わってしまいます。交響曲の第2楽章は普通、緩徐楽章ですが、この『第8番』はそうではありません。.

See full list on percussionist. 交響曲第2番 ニ長調 作品 36は、 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン の書いた2作目の 交響曲 である。. ベートーヴェン:交響曲第4番、第5番『運命』、第6番『田園』、第7番 ヴォルフガング・サヴァリッシュ&コンセルトヘボウ管弦楽団 【収録情報】 Disc1 1. 激しいリズムと強弱変化、大胆な転調がこれでもかと盛り込まれた意欲的な楽章です。まるで、嵐のように情景がくるくると変わり、熱気に溢れた情熱がエネルギッシュに突き進んでいるかと思いきや突然分断されるなど、この楽章でもユーモアが冴えわたっています。 そしてわざとらしく長々と盛り上げられ、クライマックスを迎えます。この最後のコーダの部分はしつこくこれでもかと繰り返され、「意図的なしつこさ」と言われています。『運命』の最後をベートーヴェン自身が茶化して作曲したものと考えられています。.

ベートーヴェンが机の中に隠していた「不滅の恋人」へというラブレターが書かれた頃にこの『第8番』は作曲されています。ラブレターを生涯捨てなかったという事はこの恋愛が如何に真剣だったかを窺わせます。思い人を忘れなかったためにラブレターも捨てられなかったのでしょう。 『第8番』は『第7番』と同時期の作品ですが、恋愛の喜びを表す上で、ベートーヴェンがこんなにはしゃいで、楽しく、ユーモラスに作曲した楽曲を他に知りません。『第4番』も恋愛が絡んでいましたが、『第8番』はもっと進んで結婚まで考えているようなベートーヴェンです。 「不滅の恋人」には「完全にあなたと一緒か、あるいはまったくそうでないか、いずれかでしか私は生きられない」とまで書いており、この恋愛が激しいものだった事を教えてくれます。このような事情から『第8番』は個人的な事情で作曲されたものと分かります。. 交響曲第4番を作曲した時期は、ベートーヴェンが積極的に作曲をした時期でもあります。 交響曲第4番も同様に短期間で作曲されています。 またこの頃のベートーヴェンは恋愛も好調で、曲調にもそれが表れています。 交響曲第4番は、交響曲第5番「運命」より遅く作曲を始めたのですが「運命」より先に完成しています。 「運命」は置いといて、4番を先に仕上げたわけです。 これも恋愛が上手くいっていることが関係しているのかもしれません。 「運命」に比べると、4番はとても暖かみのある音楽です。 交響曲第4番と同時期には、オペラ「フィデリオ」・ラズモフスキー弦楽四重奏曲集・ピアノ協奏曲第4番などが作曲されています。 この時期のベートーヴェンの作品は晩年とはまた違った味わいがあるので、年代別に楽しんでみるのもありかもしれません。 初演は1807年にロプコヴィツ侯爵邸での私的演奏会で、ベートーヴェンの指揮によっておこなわれました。 その数か月後にブルク劇場でベートーヴェンの指揮により公開初演がおこなわれています。. 交響曲第4番には数多くの録音が残されています。 演奏の聴き比べをして、お気に入りの演奏も見つけたいですね。 交響曲第4番の1枚目のCDを買うのであれば、間違いなくオススメできるCDです。 カラヤン指揮・ベルリン・フィルハーモニーのベートーヴェン交響曲全集が一度に手に入ります。 輸入盤で格安で購入できるだけでなく、音質も素晴らしいです。 カラヤンとベルリンフィルが脂に乗っている時期の作品です。 カラヤンの美学とベルリンフィルの名演が絡み合って、最高のハーモニーを奏でています。 カラヤンらしさが一番感じとれる時期かもしれません。 クラシック初心者の方は、このCDを買って損はないと思います。 ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan/1908年4月5日-1989年7月16日) オーストリアの指揮者 1955年から1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務める。 ウィーン国立歌劇場の総監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督も務めるなど、歴史上最も偉大な指揮者の一人である。 日本には11度も来日しており、日本人には小澤征爾が師事したことでも知られている。 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker) 世界を代表するオーケストラの一つで、日本において絶大な人気を誇る。 重厚なドイツ的サウンドを奏でながらも、バラエティに富んだプログラムを演奏し常に世界の最先端をリードしている。. ベートーヴェン:交響曲第2番,第4番 ルドルフ・ケンペ指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 15-20 December 1972 & 27-30 ベートーヴェン:交響曲第2番 April 1973, 16-19 April 1973, Bürgerbräukeller, Munich Warner Classics WPCS-13444 (P)1974 (C) Parlophone Records (国内盤) 好録音度:★★★★.

ライブの動画中心に演奏を集めました。ピアノでの珍しい演奏もあります。 ベートーヴェン交響曲第5番についての解説は こちら へ. See full list on otomamire. ★★★★ 一楽章、この全集の中では、かなり激しい演奏です。.

このアルバムは、70年代に録音されたウィーン・フィルとのベートーヴェンの交響曲全集から、第1番・第2番をカップリングした1枚。 年制作の. 『交響曲第8番』は一気呵成に聴ける音楽ですが、聴き終えて感動と言う物が伝わって来ません。不思議な交響曲です。ベートーヴェンが愛する人を思って書いたものと言われていますが、ベートーヴェンの楽しさは伝わって来ますが、いかんせんそれだけの交響曲です。 音楽史に残るような名曲とは思えないところがそこにあります。ベートーヴェンは「聴衆が交響曲第8番を理解できないのは、この曲があまりに優れているからだ」と言ったそうです。ベートーヴェンは果たして本当にそう思っていたのか永遠の謎です。. 36 交響曲第8番ヘ長調 op.

第2番は伝統を大切にするウィーン・フィルがラトルを指揮者に選び、ピリオドの要素を取り入れ、新校訂版を採用したベートーヴェン. 『レオノーレ』序曲第2番 Op. ベートーヴェン:交響曲第2番&第7番/ベーム このオークションは終了しています このオークションの出品者、落札者は ログイン してください。. ベートーヴェン: 交響曲第 5番「運命」&第 2番 飯森範親, ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団. 『第8番』はベートーヴェンの交響曲の中で最も聴く機会がない交響曲かもしれません。イコール最も人気がない交響曲という事でしょう。これをどう理解すれば良いのでしょうか。やはり、『第8番』は名曲とは呼べないのではないかと見る方が正しいのだと思います。 多くの音楽評論家と称する方々が、この交響曲は演奏時間が30分にも満たない小規模の交響曲ですが、内容的には傑作の範疇に入るとの見解を述べています。本当にそうなのか、私には分からない交響曲です。緩徐楽章がなく、ベートーヴェンには珍しく陽気な楽曲です。 ベートーヴェンらしい彼にしか出来ないであろう事がいくつかありますが、それを以てしても、傑作の中に入れるのはどうかと思います。他の交響曲と違って、ベートーヴェンにとって時代を超える様な、特別な意味を感じません。あくまでも普通に楽しめる楽曲です。 『交響曲第7番』と共に、「傑作の森」を締めくくるにしては、音楽的深みがない交響曲だと思います。その点で何度も言っているように、この『第8番』を「傑作の森」の交響曲とは同列に扱えないと思っています。良い曲だとは思いますが、歴史の重みに耐えられるか分かりません。.

. ★★★★★ 1987年録音 一楽章、暗闇に次第にロウソクの炎が立ちの昇るような幻想的な雰囲気さえする序奏。主部に入るとダイナミックで生き生きとした動的な音楽になります。どの楽器も有機的に音楽を受け継いで行きます。最弱音から最強音までの幅が非常に広いようで、表現の幅もとても広く、また余裕もあります。しっとりと潤いのある音でとても美しい。 二楽章、美しく整った弦の清涼感のある演奏です。クラリネットの旋律の後ろにいる弦の起伏が激しくチェリビダッケの気迫が伝わってきます。色彩感もくっきりしていて濃厚です。 三楽章、遅いテンポですが、音楽は前へ行こうとする推進力を持っています。強弱の振幅の幅が広くダイナミックです。一音一音への集中力が高くすばらしい演奏です。 四楽章、とても表情豊かです。音に力があって、とてもパワフルで豪快な演奏です。 遅いテンポの演奏でしたが、豪快に駆け抜けるような、そして一服の清涼感のような演奏でした。 1995年録音 一楽章、1987年の録音よりも温度感が高く、混沌とした雰囲気ですが一音一音非常に丁寧な演奏です。主部に入っても落ち着いた表現で、テンポも遅いのであまり躍動感がありませんでしたが、曲が進むにつれて躍動感が出てきました。消え入るような静寂感からトゥッティまでの幅の広いダイナミックな演奏はさすがです。 二楽章、遅いテンポで着実に踏みしめるような演奏です。くっきりと浮かび上がるクラリネット。重心が低く重量感のある演奏で、1987年の演奏とはかなり違います。 三楽章、やはりこの演奏でも遅いテンポですが、音楽は生き生きとしていて、推進力があります。トゥッティのどっしりと重心の低い重厚な響きは充実していてすばらしい。 四楽章、ダイナミックで豊かな表情が魅力的です。豪快な演奏ですが、荒くなることはなく、とても丁寧です。 重心が低くダイナミックな演奏でした。個人的な好みは1987年の録音かな?. 68『田園』 (ベーレンライター版使用) ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン パーヴォ・ヤルヴィ(指揮) 録音:年12月 フンクハウス・ケーペニック、ベルリン. ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための三重協奏曲 ハ長調 Op. ハイティンク&ロンドンsoによるベートーヴェン・シリーズ第3弾。第7番&三重協奏曲、「田園」&第2番につづいて「英雄」&「レオノーレ.

ベートーヴェン:交響曲第2番

email: axiqy@gmail.com - phone:(884) 533-2899 x 6361

A New Stereophonic Sound Spectacular - YAYO

-> 「JUSTICE〔from〕GUILTY」+「運命論」
-> ロスト・パンク・ヒッツ・コレクション

ベートーヴェン:交響曲第2番 - Tributo Miranda Chiquinha


Sitemap 1

3 Bob Marley and T - 夢の風ぐるま